News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2019年度 > 免疫細胞の移動を制御する分子COMMD3/8複合体の発見 (鈴木G が JEM に発表)

免疫細胞の移動を制御する分子COMMD3/8複合体の発見 (鈴木G が JEM に発表)

中井晶子助教、藤本潤大学院生、鈴木一博教授(IFReC免疫応答ダイナミクス研究室/微生物病研究所兼任)らの研究グループは、免疫細胞の移動に関わる分子としてCOMMD3/8複合体を発見し、同分子が抗体産生など免疫応答の成立にきわめて重要な役割を果たしていることを解明しました。COMMD3/8複合体は炎症性疾患の新たな治療ターゲットとなることが期待されます。

解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
鈴木一博

鈴木一博(免疫応答ダイナミクス)


Archives

 
TOPに戻る