News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2019年度 > IL-17 に誘導された Regnase-1 リン酸化による炎症調節機構の解明 (審良GがJEMに発表)

IL-17 に誘導された Regnase-1 リン酸化による炎症調節機構の解明 (審良GがJEMに発表)

IFReC 自然免疫学研究室の田中宏樹 特任助教、審良静男特任教授(微生物病研究所兼任)らの研究グループは、メッセンジャーRNAを分解する酵素Regnase-1が、炎症性サイトカインのインターロイキン17によりリン酸化され、そのリン酸化が様々な炎症反応を制御する上で非常に重要な役割を担っていることを発見しました。

解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
審良静男

審良静男(自然免疫)


Archives

 
TOPに戻る