News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2019年度 > セマフォリンは鼻ポリープ形成を誘導する鍵分子 (熊ノ郷Gが JACI に掲載)

セマフォリンは鼻ポリープ形成を誘導する鍵分子 (熊ノ郷Gが JACI に掲載)

好酸球性副鼻腔炎 (ECRS) は鼻ポリープを高い確率で合併し、既存の治療法では再発率が高く、正確な病態の理解に基づいた安全かつ効果的な治療方法が求められています。​
大阪大学大学院医学系研究科 呼吸器・免疫内科学の熊ノ郷淳教授(IFReC 兼任)らを中心とする研究グループは、セマフォリンというタンパク質が、鼻ポリープを形成する難治性のちくのう症である「好酸球性副鼻腔炎」の病態形成に重要な役割を果たしていることを明らかにしました。​ ​

難治性の蓄膿症で鼻ポリープが形成されるメカニズム

解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
熊ノ郷淳

熊ノ郷淳(感染病態)


大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る