News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2021年度 > 免疫細胞の移動メカニズムを解明(熊ノ郷 G が Nat Commun に掲載)

免疫細胞の移動メカニズムを解明(熊ノ郷 G が Nat Commun に掲載)

体内を動き回る免疫細胞は、細胞が伸長と収縮を繰り返す運動(アクトミオシン運動)によって移動しますが、この運動がどのように制御されているのか、詳細なメカニズムは不明でした。 高松漂太助教、熊ノ郷淳教授(IFReC 感染病態/大阪大学医学系研究科呼吸器・免疫内科学)らの研究グループは、免疫応答の根幹をなす免疫細胞が移動する際にリソゾームに存在する Ragulator複合体が果たす役割を明らかにしました ​

Ragulator複合体によるアクトミオシン運動制御機序 Ragulator複合体によるアクトミオシン運動制御機序

解説 (PDF)


Article (外部リンク)


Contact:
熊ノ郷淳

熊ノ郷淳(感染病態)


大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る