News & Topics

HOME > News & Topics > Research > 2021年度 > 全身性エリテマトーデスの新たな発症機構を解明(荒瀬 G が Arthritis Rheumatol. に発表)

全身性エリテマトーデスの新たな発症機構を解明(荒瀬 G が Arthritis Rheumatol. に発表)

荒瀬尚教授(IFReC・微生物病研究所・感染症総合教育研究拠点)を中心とする京都大学、神戸中央市民病院、理化学研究所の研究グループは、全身性エリテマトーデスの新たな発症機構を解明しました。

本成果の説明
一般に、DNA を単独で免疫しても抗 DNA 抗体は産生されない。 今回HLAクラスII分子によるDNAの発現と、DNA/HLAクラスII複合体によるDNA反応性BCRの刺激が確認された。そして、B細胞-T細胞の相互作用と抗DNA抗体の産生を導く可能性がある。


解説 (PDF)


Article (外部リンク)



Contact:

荒瀬 尚 (免疫化学)

Tel 06-6879-8291
Mail arase@biken.osaka-u.ac.jp

大阪大学免疫学フロンティア研究センター (WPI-IFReC)

Archives

 
TOPに戻る